茨城県取手市「ごはんCAFEサルデーレ」の包み焼きハンバーグ。ファミレスとは全くクオリティが違います

茨城県取手市「ごはんCAFEサルデーレ」の包み焼きハンバーグ。ファミレスとは全くクオリティが違います

【店名】
ごはんCAFE サルデーレ

【所在地】
茨城県取手市清水296-1

【性別】女性
【年齢】
31歳
【職業】
会社員


【お店を知ったきっかけ】
ママ友ランチ会で、個室のあるお店を探していたら、このお店が見つかりました。
個室ではないのですが、テーブルとテーブルの間隔が広く取られていて、コロナ禍でも安心して食事ができました。

【誰と行ったか】
友人4人で




【お店の雰囲気】
もともとは、洋食屋さんだったので、昔ながらの洋食屋さんの雰囲気です。
国道6号沿いにあり、大きな看板が目印です。
駐車場も広く車も入りやすいです。
お昼時は、地元で働く方々でいつも混雑しています。
予め予定がわかっていれば、予約をおすすめします。
ご家族でお店をやられているようで、とても居心地の良い雰囲気です。

【注文したもの】
包み焼きハンバーグ




【感想】
ファミリーレストランやチェーン店で食べる包み焼きハンバーグとは、全くクオリティが違います。
ハンバーグのジューシー感がたまりません。
添えられている野菜も甘みがありじっくり熱を通されているのでとっても美味しいです。
ハンバーグの大きさもとてもボリューミーで、満足感があります。
パプリカやズッキーニ、じゃがいもが添えられているのですが、彩りもよく写真映えします。
アルミを開くとシチューに包まれたハンバーグと彩り豊かな野菜がとても美味しそうです。
小上がりのテーブル席(4人がけ)で食べさせていただきましたが、大きなテーブルなので、ハンバーグ・ご飯・ドリンクとそれぞれがおいても全く狭さを感じませんでした。
アクリル板もおいてあったのでコロナ禍でも安心です。




【他のメニューやトッピングなど】
デザートをセットにしてモンブランを食べました。
さすがCAFEレストランとあって、モンブランもとても手の混んだ味でした。
卓上調味料には、ドレッシングがあったかと思います。
ドレッシングも手作りのようで、とても美味しかったです。




【エピソード】
昔、ごはんCAFEになる前の洋食サルデーレで何度か食事をしたことがありますが、
子供の頃、チーズハンバーグを注文したら、トマトソースの赤いハンバーグが運ばれ、
デミグラスソースにチーズの想像をしていた私は、少し悲しかった記憶があります。
初めてトマトソースのハンバーグを食べて、美味しいと思いいまでは我が家のハンバーグの定番は、トマトソースです。




【知人の評判】
包み焼きハンバーグは、ママ友界隈では、大変人気があり、ランチ会となると、
サルデーレの包み焼きハンバーグ食べに行こうという話になります。
美味しいだけではなく、居心地の良さや、お店の方がとても親切なので、またここのハンバーグを食べたいと思えます。
ハンバーグ自体もとても美味しいので、包み焼きではないのですが、ハンバーグも入ったオードブルをこちらで注文する友達もいます。




【他との比較】
お肉のジューシーさが他のお店に比べるととても特徴的です。
肉汁はもちろん、ちゃんと手ごねでイチから作っている、家庭のハンバーグの味に近いのですが、家では真似のできない、
懐かしいけどこのジューシー感は、このお店でないと味わえないと思います。
また、添えられた野菜たちもハンバーグとあってとても美味しいのは魅力的です。




【価格と満足度】
ご飯とドリンク・サラダ付きで1,500円以下なので、とても安いと思います。
ハンバーグはかなりボリュームがあります。




【期待すること】
コロナ禍での営業は大変かと思いますが、頑張ってお店を続けてほしいと思っています。
また、洋食サルデーレ時代にあったおつまみメニューや、食事をもう少し残してほしかったです。
カニクリームコロッケは絶品で、またこのお店のカニクリームコロッケも食べたいと思っています。
ボークジンジャー丼も大好きでした。
また食べたいです。



取手は、CAFEってとっても少ないので、お茶をするならぜひサルデーレがおすすめです。
CAFEのクオリティではない、元洋食店ならではのハイクオリティなハンバーグをたべることができるお店です。
気がうrにフラット食事できるような雰囲気なので、近くを立ち寄ったらぜひここの包み焼きハンバーグを食べてみてください。