浜松市の炭焼きレストラン「さわやか」にある「げんこつハンバーグ」は味もボリュームも100点満点!マジでうまいよ

浜松市の炭焼きレストラン「さわやか」にある「げんこつハンバーグ」は味もボリュームも100点満点!マジでうまいよ

【店名】
炭焼きレストランさわやか
【所在地】
静岡県浜松市

【性別】男性
【年齢】35歳
【職業】会社員


【お店を知ったきっかけ】
会社の友人がおすすめのハンバーグがあると教えてくれて、車を持っていたので連れて行ってもらったので、お店を知ることができた。

【誰と行ったか】
会社の友人と




【お店の雰囲気】
静岡県内に複数店舗あり、その中でも浜松市内の店舗に行った。
駐車場は広く、外観はキレイな店舗。
席数は100席ほどで、店内の天井も高く広い雰囲気。
店員さんがやってきて、ハンバーグに専用のソースをかけてくれるが、その時にエプロンを付けて、油はね防止ができるようになっている。
訪れたのは10年ほど前だが、予約はしないでも入店できた。

【注文したもの】
げんこつハンバーグ。




【感想】
200g以上もあるハンバーグの塊が最初に出てきた時には、大きすぎるサイズに驚きを隠せなかった。
鉄板にのった炭焼きハンバーグに、店員さんがソースをかけてくれて、ジュー!っと心地よい音を奏でながら味が染み込んでいく様子はまるでその場で調理が始まっているよう。
大きい塊のハンバーグを半分に切り開いて、その断面を熱々の鉄板に押しつけて更にジュー!っと焼き目をつける。
すぐにでも食べ始めたい気持ちを焦らされ、口の中には我慢できないよだれたちが今か今かと待ち望んでいる。
ようやく食べられるようになり、ハフハフと熱いお肉を口の中に運ぶと、程よくミディアムレアな柔らかさに、溢れる肉汁がソースと同時に流れてくる。
パクパクと食べやすい食感に飽きの来ない味付けは添えられたご飯が進む進む。




【他のメニューやトッピングなど】
ハンバーグ以外に食べたものはライス、トッピングにポテト、ブロッコリー、ニンジン、カボチャ。
トッピングはメインを際立たせる様な、控えめな佇まい。
素材の味が生かされていてとてもおいしい。
他にも烏龍茶で口をさっぱりと流したりした。




【エピソード】
予約をせずに訪れたため、30分ほど店内で待って待っていたが、鼻の奥をつつくようなハンバーグの焼く良い香りが待ち時間を忘れさせてくれた。
また友人と訪れたため、皆でワクワクしながら、どんなメニューにしようか楽しく悩んで待つことが苦ではなかった。
全員の服にはハンバーグの匂いが染み付いていて、帰りの車の中では食べ終わってもハンバーグの香りに包まれていた。




【知人の評判】
友人がハンバーグのお店を知っていたため、とても楽しみでいた。
静岡県内にしかなく、過去に訪れたことがあるようで、非常に美味しかったと、一度食べる価値があると、我々にも食べてみてほしいと、とてもおすすめされた。




【他との比較】
げんこつハンバーグという名前のものは他では聞いたことがなく、鉄板の上で更に追い焼きするスタイルは当時とても斬新だった記憶がある。
中まで火が通らないので、切って自分の焼き加減を調節できるのは、ハンバーグマニアとしては面白い試みだと感じた。
ソースをかけた時の油はね防止のエプロンも工夫がされていて、鉄板の下にひかれた紙エプロンを引き上げて使っていた。




【価格と満足度】
価格は1000円ほどであったが、ボリュームも満点、味も満点と、コスパ最強のおいしいハンバーグであったとと思う。




【期待すること】
メニューはハンバーグ以外にもあったが、げんこつハンバーグの変わり種ラインナップをふやして欲しい。
チーズインハンバーグや、スパイス系ハンバーグなどがあると面白いし、味変のリピーターが増えると思う。
静岡県内にのみの店舗展開は続けてほしいが、どこかのタイミングでスポット展開をしてみると更なる認知度が高まり、静岡に訪れる人も増えると思う。



げんこつハンバーグは、味も量も大満足のパフォーマンスを秘めており、人生で一度は食べておきたいとっておきのハンバーグ。
静岡県内にとどめておくのはもったいないくらいの美味しさであり、静岡県に訪れた際には必ず立ち寄ってハンバーグを食べて帰ってほしい。
関東圏なら日帰りで訪れることもできるため、車を持っている人にはドライブがてら是非おすすめしたい。

炭焼きレストランさわやか
静岡県浜松市
男性・35歳・会社員
浜松市の炭焼きレストラン「さわやか」にある「げんこつハンバーグ」は味もボリュームも100点満点!マジでうまいよ